2020年9月の記事一覧

【陸上競技部】新人県大会 結果

昨日より熊谷スポーツ文化運動公園陸上競技場にて新人県大会に出場してきました。

 

大会初日の昨日は男女の4×100mRに出場しました。

結果

男子 鹿久保(2)ー中山(2)ー長谷川(1)ー山﨑(1) 49.84 

女子 門井(1)ー笹山(1)ー安﨑(1)ー岡田(1)55.87

 

男子は大会前日にアクシデントがあり、準備していたメンバーでの出場ができませんでした。

大会当日の朝、男子のメンバーたちに出場の意志を確認したところ、「県大会での経験を積みたい!」との声があり、走順をすべて入れ替えました。そのうち3走の長谷川くんは陸上競技初心者であり、この大会が初レースでした。また、4走の山﨑くんも陸上競技初心者であり、しかも中長距離の選手です。本来は明日の1600mRに出場する予定で準備していましたが、出場の決断をしてくれました。

正直、大会当日のことでしたし、明日の1600mRに備えて棄権という選択をするかなと思っていたのですが、本人たちが話し合いをしての勇断に驚きとともに頼もしさを感じました。タイムは厳しいものでしたが、バトンを繋ぎ切ることができて、この県大会という舞台を経験できたことが何よりの財産だと思います。しかし、顧問としてはこのような事態を招いてしまったことを反省しています。出られなかった選手も急遽準備してくれた選手にも申し訳ない気持ちを伝えました。来春は万全の準備をしてリベンジしたいと思います。

女子はルーキーズで出場しました。本校としては私が赴任して以来初めての県大会出場となりました。本番前のウォーミングアップでは1ー2走のバトンパスでバトンを落とし、不安も大きかったようです。招集所ではとにかく思いっきり力を出し切ろうということとバトンは早出することだけは気を付けようと伝えて、送り出しました。本番のレースでは不安だった1-2走のバトンパスは完璧!2-3走は少し間延びしましたが順調につなぎ、3-4走は危なげなくバトンを繋ぎフィニッシュとなりました。目標は54秒台だったのですが、本校としてはしばらくの間出場できなったこのリレー種目に出場でき、大きな一歩を踏み出せたように思います。来春は個人種目で熊谷に来たいと気持ちを新たにしました。

 

大会2日目は男子3000mSCと女子円盤投の2つの個人種目に出場しました。

結果

3000mSC 上浦 健(1)11分22秒29

円盤投    櫻井 花音(2)18m69 PB!!

まず、本校としてトラック種目の出場は10年近く振りとなりました。

本人とは1kmのペースを3分30秒を目標として最終タイムを10分30秒と設定して臨みました。

実際のレースでは序盤からさすが県大会という速いペースの中、集団の最後尾を必死に食らいつく展開となりました。

最初の1kmは目標を上回る3分20秒で入り、このままいけば大幅に自己記録を更新できるペースで奮闘していました。

しかし、1kmを過ぎ、水濠前の障害に足を取られ、転倒してしまいます。それでもすぐに集団に追いつき自己記録を更新するペースに戻します。

悲劇は一度だけでなく、二度もあり、再び水濠前の障害に足を取られ、転倒してしまします。この時ばかりはさすがに本人も気持ちが折れかけたそうですが、奮起して粘って粘ってゴールしました。

上浦くんにとって、この3000mSCに出場するのは2回目であり、1回目の地区大会で良い走りだっただけに残念でしたが、これが県大会であり、まだ1年生なので、これからじっくり準備していきたいと思います。

 

 

円盤投の櫻井さんは今季苦戦が続いていました。地区大会では練習での動きが発揮できなかったので、自分のいつもの投てきをしようと定めて臨みました。1投目は着実に記録を残そうと15m38、2投目に17m79と自己記録を更新し、3投目は腕を振り切ることを修正して18m台まで自己記録を伸ばしました。

初めての県大会出場でしたが、堂々と自分の投てきを見せ、記録以上に大きな成長を感じました。大会を見ていた他校の投てき専門の先生から貴重なアドバイスを頂いたので、今後に向けて修正していきたいと思います。

本来は個人種目に加えて男子の1600mRの出場を予定していましたが、昨日の400mRで足に不安が残る選手が複数おり、苦渋の決断でしたが、棄権をしました。

 

以上、2日間の戦いを終えて、選手も顧問も次はリレーだけでなく個人でもこの舞台で勝負したい!という思いが強くなりました。

県内屈指の高いレベルの南部地区を突破をするのは容易ではありませんが、他校よりも一歩でも早く次の準備を進めて、県大会の壁を破りたいと思います!

次戦は、10月4日(日)の川口市民記録会に出場します。

 顧問:中山

【陸上競技部】オワリはじまり

♪もうすぐ今日が終わる やり残したことはないかい 親友と語り合ったかい 燃えるような恋をしたかい

  一生忘れないような 出来事に出会えたかい かけがえのない時間を胸に  刻み込んだかい ♪

 

地区大会がオワリ、県大会や記録会に向けての準備がはじまりました。

大会が終わってからの練習が1週間経ちましたが、忘れないような出来事(活気のある熱い練習)だらけの毎日です。

仲間の活躍に刺激を受けた者、悔しさを前面にぶつける者、集大成に全力を注ぐ者。

大会前と比べて生徒たちの熱量の大きさに感動しています。

 

今週は県大会を備えている者もいますが、大会を終えて自らの課題に対して向き合う期間として、課題練習を多く行っています。

日々の練習を見ていて、努力と貪欲な気持ちは無限の可能性を感じます。

「人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力」は私の好きな言葉ですが、部活においては「競技の結果=熱意×努力」という信念のもと指導に当たっています。

どちらも掛け算なので、いずれかがゼロであれば全てがゼロになり、いずれかが大きければ倍々々々々・・・にもなります。

「熱は熱いうちに打て」の言葉通り、大宮武蔵野高校陸上競技部に点いた火を大きな炎にできるよう部員と共に猛進していきたいと思います。

 

そして、中学生の皆さんにお知らせです。

来週の26日(土)は学校説明会になっており、部活動見学等も行われます。

しかし、私たち陸上競技部はその日から新人戦の県大会に出場するために不在となります。

そこで、もし私たちの部活動に興味がある方や練習の雰囲気を知りたい方は別日の練習日にお越しください。

<休日の予定>

9月21日(月)学校9:00~

9月22日(火)学校9:00~

10月3日(土)学校9:00~

10月10日(土)学校9:00~

いつでも大歓迎ですので、ご興味ある方は気軽にご連絡下さい。

学校048-622-0181(顧問:中山)

最後に最近の練習中の補強の様子を掲載します。

 

↓ソフトメディシンボールを使っての腹筋の様子です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日は県大会に備えて上尾運動公園陸上競技場にて練習を行います。

皆さま、良い4連休をお過ごしください。

 

顧問:中山

【陸上競技部】新人戦南部地区大会~2日目~

大会2日目の結果です。

女子200      櫻井 花音(2) 30.87(+0.3)PB!!
                     門井 紗来(1) 28.88(+0.2) 準決勝進出28.74(+1.4)歴代記録更新!!


男子200      中山 春輝(2)24.79(+1.6)  PB!!
                     水村 友郁(1)24.84(+0.6) PB!!


女子OP100 紺野 鈴香(2)14.95(+0.2)PB!!
                     小松 令奈(1)16.69(+0.1)


男子OP100 福元 嵐士(3) 12.26(+1.1)PB!!


女子走高跳 安崎 朋美(1)1m30


女子円盤投 櫻井 花音(2)15m90 5位入賞!!県大会出場決定!!


男子三段跳 鹿久保 孝大(2) 11m77(-0.6)

今日も多くの生徒が自己ベストを更新し、女子200では昨日の100に続いて歴代記録を更新、女子円盤投では県大会の出場権を獲得できました!

ただ、女子走高跳と男子三段跳では二人とも13位となり、県大会出場ラインは12位までのため、惜しくも県大会出場を逃す悔しい結果となりました。

しかし、2日間を通じて出場者13名全員がいずれかの種目で自己ベストを更新(1年生の高校初レースを含む)するという快挙でした!!

成長率No.1のチームを目指して3年目を迎え、非常に嬉しい結果となりました!

その象徴的な存在であるのが3名の3年生たちです。

コロナの影響もあり、この大会を引退大会と位置付けてここまで努力してきました。残念ながら男子の友岡くんは怪我のため、来月の記録会に延期となりましたが、残る2名は有終の美を飾ることができました!

まず、前部長の福元くんは中学時代は長距離の選手でしたが、高校では一念発起し短距離や跳躍系の種目にチャレンジしてきました。入学時の100mは14.22でしたが、3年間で12.26と約2秒も記録を伸ばすことができました。彼からは人はこんなにも変化できるんだという希望をもらいました。

次に、松尾さんは元々長距離ブロックの選手でしたが、出場できる種目の関係から以前出場したことのある400mにて自己ベストを樹立しました。彼女は3年生唯一の女子部員であり、1年生が入部するまでは唯一の長距離選手ということで非常に厳しい環境の中でみんなを盛り上げようと応援の声かけなど、多くの場面で部を支えてくれました。

顧問の赴任と同時に入部してくれた3年生たちには感謝しかありません。ぶつかったり、笑ったり、泣いたり、感動したり、喜んだりと多くの記憶が思い出されます。

本当にありがとう。

これからの活躍を心から応援しています。

 

さて、現部員たちは今月末の県大会と来月初旬の川口市記録会に向けて再始動していきたいと思います。

最後に活躍写真を載せておきます。

 

3年生お疲れ様。そして、ありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • ↓男子OP100の福元くん(一番奥) 大飛躍した最高レース!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓女子円盤投の櫻井さん 県大会では自己ベストを!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓女子走高跳の安崎さん。次は必ず県大会出場!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓男子三段跳の鹿久保くん 三段跳の悔しさは三段跳で晴らす!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

顧問:中山

【陸上競技部】新人戦南部地区大会~1日目~

まだまだ残暑が厳しいですが、夏の鍛錬期を経て生徒たちの体は仕上がってきました!

 

本日より明日までの2日、上尾運動公園陸上競技場にて新人戦南部地区大会に参戦しています。

 

まずは速報です!!

大会初日を終えて出場者7名中、6名が自己記録を更新!!

1名が県大会出場権獲得!!

1名が大宮武蔵野高校歴代記録を更新!!

2名が大宮武蔵野高校歴代2位記録を樹立!!

 

初日の最初の種目である男子3000mSCから最高のスタートでした。

詳細は以下の通りです。

<結果>タイムスケジュール順

男子3000mSC 上浦 健   (1) 10.54.34 10位 初レースde県大会出場決定!

男子1500m   山﨑 琉聖  (1) 5.03.37 初レースde目標達成!

女子100m     門井 紗来  (1) 13.93(-0.7) 準決勝進出13.66(+1.3)全体15位 高校初レースde PB de 歴代記録更新!

男子100m     鹿久保 孝大(2)11.79(+0.4) PB de歴代記録2位タイ!

                              水村 友郁(1) 12.01(+0.5)高校初レースdePB!

男子400m     中山 春輝(2) 57.17 サードベスト!

女子OP400m  松尾 愛海(3) 70.96 PB de歴代記録2位!

 

いずれの選手も夏の成果やこれまで取り組んできたことが実を結んだ結果となり、顧問としては嬉しさと共に結果が出てホッとしたのが正直な想いです。

自己記録を更新した選手も惜しくも届かなかった選手もこれからの課題が見つかったり、以前よりも成長しているが故に壁にぶつかったりしています。

明日も競技がある選手は明日に全力を傾け、その他の選手は来月の記録会に向けて準備を進めていきたいと思います!

 

活動写真(少なくてすみません・・・)

↓男子1500mの山﨑くん(1)(さいたま市立白幡中出身)高校初レースでのラストスパート!!陸上競技初心者とは思えない堂々としたレースに感動!!

↓女子100mの準決勝 門井さん(1)(鴻巣市立吹上北中出身)のスタート前の様子 課題だったスタートを克服し、自己記録を更新!!

 

顧問:中山