2019年6月の記事一覧

最近の練習

こんにちは。

 

更新がしばらく途絶えており、申し訳ありませんでした。

 

今年度も中山(専門:短距離走)、後藤(専門:ハードル)の2名体制となっています。

 

新入部員は男子2名、女子2名が加わり、総勢男子5名、女子5名の10名で活動しています。

 

現在は7月に行われる国体南部地区予選会に向けて、練習に励んでいます。

 

最近の練習の様子(6月15日(土))を紹介します。

この日はあいにくの雨天だったため、瞬発力の向上と体力アップを兼ねて体育館でバスケットボールをしました。学年別の3チームに分かれて2点先取したら交代というルールで30分間行いました。最初は球技ということで笑顔でスタートしたものの、予想以上の運動量にいつしか笑顔は消え、終了時にはクタクタになっていました。こうしたトレーニングは日本を代表する北海道の強豪クラブでは毎日1時間程度行われています。

 

バスケットボールの様子
 その後、校舎内に移動し、マーカーを使ってのスプリントドリルを行いました。重心移動と上から下に足を動かすことをテーマとしました。すべてのドリルを2本ずつ実施し、1本終了時に良い動きをしている生徒が他の人にアドバイスする時間を設けて、部員同士で教え合うことを大事にしました。

 

そして、最後は雑巾がけ勝負でまとめをしました。短距離走のスタートからの加速局面を意識して、腰の高さを変えずに膝を胸にくっつけるイメージで前に進むことをポイントとして行いました。

 

この梅雨の時期は思うように練習が積めないこともありますが、普段できない技術練習を徹底してできるチャンスでもあります。国体南部地区予選まで練習できるのは期末考査があるため、2週間程度となりました。1日1日を大事に練習に励んでいいきたいと思います。

 

最後に、中学生のみなさんは通信陸上が終わり、学校総合体育大会の市内予選が始まっているところだと思います。
本校陸上競技部では、高校でも一生懸命取り組みたい人を大募集しています。人数が多くない分、1人1人にきめ細やかなマンツーマン指導をすることができます。

是非、一度本校の練習にお越しください。お問い合わせは顧問の中山までお願いいたします。