2019年12月の記事一覧

サッカー部 MUSANISTA #40 『年末最後の大仕事』(2019ultimo)

  昨日12/28(土)、サッカー部年末最後の活動を行いました。大掃除は前日27日に行い、この日は塩化カルシウムを校庭に撒きました。

 

 

  塩化カルシウムは、水に溶けると、

CaCl2 →  Ca2+  +  2Cl

と電離して、凝固点降下を引き起こし、グラウンドの凍結防止剤として利用されます。また、水に溶けた時の溶液は『浸透圧』が高く、周囲の植物から水を奪い枯らせる効果があるので、除草剤としての効果もあります。

  25kgもある塩化カルシウムを120袋以上、2時間かけて撒ききり、ミーティングをして、年末最後の活動は終わりました。

  今年度は、4月顧問が変わってすぐ、U-18の2連敗から始まりました。部活の目標を決めて、落ち着いて練習できるようになってすぐの5/1。総体支部予選で大宮高校に劇的な勝利を収め、波に乗り始めます。その後は、個人の集中力が上がっただけでなく、チームとして少しずつまとまりだしました。7月末には、昨年は人数が少なくて断念した合宿にも、一年生がたくさん入ってくれたおかげで行くことができました。その後、8/18選手権予選vs山村国際では、1点を先制するも無念の逆転負けを喫し、悔しさを味わわされます。その後の試合では、この悔しさを胸に、3年生もチームに残ってくれ、U-18で連戦連勝、SS3Aリーグ優勝まで駆け上がりました。今はU-18の順位決定戦も終了し、新体制としてスタートし始めたところです。

  本年も、様々なことを経験し、いろいろな面で成長してきた'FC MUSASHINO'。来年も一致団結し、新たな展開を見せてくれることでしょう。新年のスタートは1月4日、チーム全員で必勝祈願に氷川神社へ参拝に行く予定です。

  本年も大変ありがとうございました。応援してくださる方々に恥じないよう、来年も頑張って参ります。本年同様、応援いただければと思います。皆さま、良いお年を。来年もよろしくお願いします。

サッカー部 MUSANISTA #39 『2019 FC MUSASHINO HISTORY Ver.2』

 Ver.1は楽しんで頂けたでしょうか?こんにちまでの彼らの『逞しい勇姿』がご覧頂けたことと思います。そんな彼らの”違った一面”をVer.2ではご覧頂きたいと思います。では、引き続きVer.2をお楽しみください。

 

【 Are you ready? 】

 

【 俺、絶対にボール取られないので。 】

 

【 モタモタしてたら、行っちゃうよ? 】

 

【 引っ張られても… 】

 

【 笛が鳴るまでは… 】

 

【 倒れない!! 】

 

【 一歩でも近くに 】

 

【 1mでも遠くに 】

 

【 1本も通させない 】

 

【 行かせない 】

 

【 絶対に抜かせない 】

 

【 俺が勝つ 】

 

【 勝ちたい 】

 

【 負けたくない 】

 

【 まだ、終わってない 】

 

【 前へ 】

 

【 決まれ 】

 

 【 信じろ 】

 

 

 

 その先で見えた景色

  何度見ても、良いもんだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年も一年間、温かいご声援ご愛読ありがとうございました。今年のチームに負けない、それ以上のTEAMに成長していきたいと思っています。

サッカー部 MUSANISTA #38 『2019 FC MUSASHINO HISTORY Ver.1』

 2019年もいろいろありました。4月には顧問が変わり、5月は元号が変わり、10月には消費税も変わりました。自然災害も後を絶たず、10月の台風では本校も甚大な被害を受けました。地球温暖化に影響を及ぼす温室効果ガス排出問題や長期に渡る香港のデモ活動、イギリスEU離脱問題など、世界規模の問題もありました。そんな中、自国開催でのラグビーW杯日本代表の大活躍には私だけではなく、多くの国民の方が勇気と希望を与えられたのではないでしょうか。2020年はどんな年になるのでしょう。夏には、1964年以来56年ぶりの東京五輪が開催されます。埼玉でも数々の競技が行われる予定です。私たちFC MUSASHINOも新顧問の下、2年目に突入します。まだまだチームは未熟ですが来年も今年以上に頑張って行こうと話しています。ほんの僅かですが、今シーズン(9月以降)のFC MUSASHINOの”奮闘”を皆さんと一緒に振り返っていきたいと思います。どうぞご一緒にお楽しみ頂ければと思います。

 

【 ごめ~んm(__)m 】

ごめ~んm(__)m

 

【『先輩…ボク、痛くてもう出来ないっス。』『大丈夫。そのうち、強くなれる。』】

 

【 いや、さすがの俺もコレは我慢出来ないっっ!!… 】

 

【 今の俺には、このボールしか見えない! 】

 

【 アシスト王に、おれはなる! 】

 

【 巡ってきたチャンス 】

サッカー部 MUSANISTA #37 『今年のクリスマスプレゼント』

 本日の練習では、最後にミニハードルを用いた、スプリントの練習を行いました。3年生が引退した今、1年生主体の'FC MUSASHINO'は体づくりから行っていく必要があります。今後の試合を考えると、今まで以上に体力が必要なうえ、爆発力も必要になります。

 

 

  結果はすぐには出ないとは思いますが、先を見据えて、コツコツと練習をしていこうと思っています。

 

 

  また、1月から始まる新人戦、来年度の公式戦に向け、長期目標・中期目標・チームをどのようにしていきたいかを各個人で設定しました。設定したものについては、各個人で一枚の紙にまとめ、常に目に届く場所に掲示しました。時期が来たら、また目標を更新し、掲示し直す予定です。

サッカー部 MUSANISTA #36 『U18 SS3順位決定戦』

 本日12/22(日)9:50K.O.大宮武蔵野高校グラウンドにて、U-18SS3リーグ順位決定戦 vs川口北高校Bを戦いました。結果は下記の通りです。

 

<順位決定戦> vs 川口北高校B

      2(1-1)(1-0)1 勝 利

     【得点者】 中島(3年FW)金子(1年MF)


 多くの3年生が引退し、2年生1人、1年生8人で始まった新体制。今日の試合は新体制になってから、初めての試合となりました。新体制では11人が集まらず、本日の試合は3年生5人が試合にかけつけ、出場、応援してくれました。U-18 SS3Aリーグの優勝を飾り、3部リーグの最後の試合となる順位決定戦となった本日の試合。勝てば3部全体の優勝となる今日の試合。新体制の1・2年、かけつけてくれた3年も気合の入った試合となりました。相手の川口北Bも3年生は残っておらず、全員2年生という新体制で戦ってきました。
 立ち上がりから集中した状態で始まった今日の試合。今まで試合に出られなかった1年生も、先発として出場しました。ここまで戦ってきた3年生が半分以上いない状態での試合は、いままでの試合とは大きく戦略も異なり、様相も違うものとなりました。
 立ち上がりから、緊張感があり、拮抗した試合が動いたのは前半25分。高く上がったボールを後ろ向きで処理しようとしたDF加添がクリアし切れなかったボールを相手FWが逃さず拾い、GK菅原の頭を越すシュート。これによって先制点を許して、点を追いかける展開に。思わぬ形から失点した'FC MUSASHINO'であったが、集中力を途切らさず、前半31分。左サイドを駆け上がった3年MF鈴木から3年FW中島にドンピシャのセンターリング。これを中島が相手と競り勝って相手ゴールに叩き込んだ。練習中、何本も何本もやってきた形から抜群のコンビネーションで得点を奪い、同点に追いつく。前半は、相手のプレスが速い中で、セカンドボールを拾われることが多く、厳しい展開となりました。その度に先輩である3年生のカバーや声掛けに救われた試合展開となりました。前半は1-1で折り返し、ハーフタイムでは、「もっと球際で勝負すること」「コーチングを増やすこと」を確認し後半に臨みました。後半は球際での競り合い、コーチングや声掛けが増え、「勝ちたい」という気持ちを前面に出して試合に臨めました。後半では、チャンスを何度も作りましたが、ピンチも何度も迎え、迎えた後半30分。後半から出場していた1年MF金子に中島から絶妙なパス。これを金子がドリブルで相手を置き去りにし、キーパーとの1対1に。しっかりと自身で決めきり、決勝点となる2点目をもぎ取った。そのまま試合は終了し、2-1で勝ち切ることで、3部リーグ全体の優勝を決めた。
 本日の試合、3年生が少なくなった中でも、いままで出場してきた1・2年生を中心によく戦った試合であったように感じました。普段の練習の中では感じられないような相手のプレッシャーであったり、80分間戦う感覚であったりを感じられた試合になったのではないでしょうか。一方で、かけつけてくれた3年生は「やっぱり大きな存在であるなあ」と感じさせられる試合となりました。チームを鼓舞する声掛け、後輩を引っ張るプレー、的確なアドバイスなど、1・2年生にとっては本当に為になり、勉強になる試合となりました。
 今日かけつけてくれた3年生にとっては、高校での最後の公式戦となりました。本当に頼りになる先輩で、最後の最後まで、ある先輩は大きな声掛けをして直接伝えたり、ある先輩は背中で語りながら後輩にたくさんのことを教えてくれました。ときには後輩とぶつかって、仲たがいをすることもありましたが、すべては試合に勝つため、後輩を成長させるためのことでした。後輩が失敗しても、けなすことなくアドバイスし続け、後輩がサボっているれば時には厳しい言葉を投げかけました。3年生の先輩もそんなことを通して、彼らなりに「成長」してきたんだなあ、と改めて感じる1日でした。試合の後のミーティングでは、顧問の阿部が「今度は君たちが試合を組み立て、頼りになる先輩のようになる番だ」という言葉で部員を鼓舞しました。
 本日の試合で3年生は本当に本格的に引退、新体制も少しずつ現実味を帯びてきたました。年明けには人数が少ない中での新人戦。来年度には2年生が主体のチームでの2部昇格。今後は厳しい試合が続くことになるでしょう。今まで以上に部員一人一人が自覚を持って、成長していく必要があります。また、新体制でのチームワークはまだまだで、お互いに協力し何かに取り組んだり、高め合う関係とはなり切っていません。また、新チームとして個人としても、チームとしても成長していく所存です。
 最後になりましたが、本日も'FC MUSASHINO'の応援に来てくださいました皆さん、ありがとうございました。今後とも、応援よろしくお願い致します。
 終わりに。本気で何かに取り組んでいる姿って、やっぱりかっこいい。年度初めには見られなかった、球際で泥臭く粘る姿や、一生懸命ディフェンスをする姿に心動かされたこの2試合でした。今後も、観る人の心を動かす試合をできるようなチームになっていくよう、努力を続けたいと思います。

 今回も、マネージャーが撮ってくれた写真を掲載します。お楽しみください。