2019年5月の記事一覧

サッカー部 MUSANISTA #7 『U18SS3Aリーグ③』

 5月26日(日)北海道で39度という記録的な猛暑となったこの日、本校にてU18SS3Aリーグ第3節を行いました。結果は以下の通りです。

   vs 大宮光陵高校
        【 前 半 】  2-0
        【 後 半 】  3-1
        【 合 計 】  5-1 勝利   リーグ通算成績  1勝 2敗
        <得  点>
         ①前半 8分:左CK(鈴木)のボールをFW中島がヘディングシュート
         ②前半11分:SB横山のインターセプトから斉藤→鈴木→斉藤→小林と繋ぎ、鈴木に再びボールが返ってきてGKが飛び
           出してきた所をループシュート
         ③後半 8分:左サイドを深井がドリブルで突破し、グラウンダーのクロスボールを逆サイドハーフ金子がコントロールしてシュート
         ④後半15分:CB中村から左サイドに駆け上がった鈴木にミドルパス。それを走りながら見事にコントロールし、そのまま
           スピードにのったドリブルで相手DFを一気にかわしてシュート   
         ⑤後半26分:ボランチ小林がルーズボールを拾った所から斉藤に繋ぎ、左サイドの鈴木へスルーパス、受けた鈴木はその
           ままドリブルからグラウンダーの速いクロスボールをゴール前に走りこんでいたFW中島がダイレクトでゴールへ流し込む

 この日は、中間考査が明けてまだ5日目という中、お互いにコンディショニングは万全ではなかったと思います。また、はじめにも書きました通り、5月と言うにはあまりにも暑い中での試合でした。部員達は、日頃の練習の成果を如何に発揮するかという事よりも、暑さと疲労からくる集中力の低下をどれだけ抑えられるかとの戦いになっていたと思います。試合前には、私の経験上からこうした状況下での勝負のポイントを話しましたが、部員達はよく理解し、終始実行に努めてくれていました。この試合では、その部分が大きく結果として現れたのではないかでしょうか。また、個々人がそれぞれの課題や取り組んできた事に積極的に挑もうというチャレンジ精神も伺うことができました。失点場面は、これまで同様にセットプレーから見事にやられてしまいました。ベンチから見ていて、なんとなく嫌な予感がしました。案の定、的中してしまい、暑さやコンディショニングの問題ではなく、まだまだ今後も克服に努めていかなければならない課題として残った場面となりました。
 また、この試合では嬉しい知らせがもう一つあります。4月はじめに怪我をして長期離脱をしていた3年生がこの試合で復帰を果たしてくれました。連休中に行われた総体予選では、怪我の為に悔しい思いをしていた事と思いますが、その悔しさをバネに今後の彼の活躍にも期待を寄せています。
 リーグ戦は、ここまで3試合を消化し1勝2敗となり、今シーズンの目標である勝率5割に一歩近づくことができました。次節までおよそひと月、間があきますがより一層力をつけて第4節に邁進していきたいと思います。
 最後になりましたが、この日も大変暑い中グラウンドまで応援に来てくださいました保護者の皆さん、どうもありがとうございました。これからますます暑い日が続くと思われますが、今後ともMUSASHINOに温かいご声援をどうぞ宜しくお願い致します。

【次の試合予定】
       6月1日(土) 試合練習 vs 上尾高校B(大宮武蔵野高校G)
       6月8日(土) さいたま市北部大会② vs 大宮光陵高校(光陵G)

サッカー部 MUSANISTA #6 『さいたま市北部大会①』

 5月12日(日)本校Gにて、さいたま市北部大会の1試合目が行われました。今大会は、さいたま市内北部に位置する18校が参加をし、3校6ブロックで予選リーグを実施後、各ブロック1位とブロック2位校から上位成績2校、計8校で決勝トーナメントを競い7月15日(月)に決勝戦が実施される大会です。本校は、岩槻高校Bチームと大宮光陵高校と同ブロックになりました。
 初戦の岩槻高校Bチームとの試合は、1(0-0)(1-1)1で引き分けに終わりました。試合開始から終始相手ゴールに迫る回数が多かった試合展開でした。前半だけでも何度もゴールチャンスがありましたが、技術的なミスや冷静さを欠いたボールタッチなどから得点に至らず前半を終えました。ハーフタイムに、「こういう試合が最も負け試合になる、いつか得点できるだろう、今日は勝てるだろうと安易な考えでプレーしている間にセットプレーやカウンター1本でやられるよ。」と注意を促したら、後半開始早々に言葉通りにやられました(笑)25分過ぎにようやく1年生MF金子力樹が同点ゴールを決め、その後もゴールチャンスは何度かあったものの逆転することは叶わずに試合終了を迎えました。マネージャーの記録によると、シュートの数は岩槻が6本に対して武蔵野は12本だったようです。(前半20分からの私のカウントでも12本以上はあったと思います)
 先日まで行われていた総体予選では、大宮高校に2度リードを許しながらも逆転する事が出来た彼らです。わずか10日間でこうした試合をしてしまうのは、まだまだ力不足。試合後には、「強いチームは…」という話に初めて触れました。恐らくこのチームが最も克服しなければならない大きな課題でしょう。そういう意味で、今日の試合を良き機会(ターニングポイント)にしてもらいたいと思います。
 また、この日は試合の前に保護者会も開きました。早朝の時間にも関わらず多くの保護者の方に来て頂き、本当に有難うございました。顧問としまして、これだけ多くの保護者の方に関心を持って頂けている事を感じ、大変嬉しく思います。保護者会後にはそのまま武蔵野の試合も観戦して頂けて、彼らのワンプレーワンプレーにいつもの10割増しで歓声が上がり(特に前半は応援席の目前が相手ゴールだった事もあり)、プレーしていた彼らもいつも以上に喜ばしかったのではないでしょうか。出来ることなら、その目の前でゴールを挙げられれば最高の形だったでしょう。(決して親がいる前での緊張やプレッシャーから得点できなかったとは、思っていません)

 本校は先週10日から中間考査一週間前に入り、ここでサッカー部の活動は一時中断します。彼らは、日頃の部活動で培った体力、集中力、忍耐力を試験勉強にモードチェンジします。カバンの中身は、スパイクや練習着に代わって参考書やノートだらけになっている事でしょう。考査終了後には、26日(日)U18リーグの第3節vs大宮光陵高校戦が控えています。今日の試合の反省を活かし、次こそリーグ戦初勝利を目指して頑張りたいと思います。

【次戦予定】
       
        U18SS3Aリーグ 第3節
             5月26日(日)
               対戦相手: 大宮光陵高校
               会   場: 本 校G
               時   間: 10:00キックオフ


サッカー部 MUSANISTA #5 『総体予選②』

 5月3日(金)総体予選2回戦が川口青陵高校Gにて行われました。対戦相手は、新人戦で支部ベスト8入りした川口市立高校でした。結果は、0(0-1)(0-2)3で敗れ、残念ながら県大会出場は果たせませんでした。
 1日の初戦から中1日での連戦、負傷者も複数人出た為に一戦目とは異なるメンバーで挑みました。4月当初に見られた守備面での課題はだいぶ改善され、よく耐えていたと思います。攻撃面では、前後半合わせて5度得点チャンスを作り出せていましたが、ゴールには結びつけることが出来ませんでした。
 今大会2戦を通じて、彼らの精神的な成長を伺えました。サッカーでは試合を優位に進めるために様々な要素が大事になってきますが、サッカーに限らず何事をするにしても精神面がしっかりしていないと物事は成せません。特に相手と競い合う様な物事の場合は、相手に対抗したり上回れなければ、勝利する事は難しいでしょう。1回戦の大宮高校との試合では、そんな事を彼らからとても感じさせられました。
 3年生が半数を占めるチームですが、まだまだ伸びしろの多いチームです。部員数は決して多くはないですが、だからこそチーム一丸となり、次に始まるさいたま市北部大会やリーグ戦へとここでの経験を活かして行って欲しいと思います。
 この2日間、大宮光陵G、川口青陵Gまで応援に来て下さいました保護者の皆さん、ありがとうございました。とても暑い中でしたがお陰様で1回戦を勝利する事が出来ました。私達スタッフ共々生徒と頑張って行きたいと思いますので、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

 最後に中学3年生の皆さん、受験生の保護者の皆様、これから大宮武蔵野高校サッカー部はますます進化して行きます。練習体験、試合見学いつでも可能ですので興味のある方はどうぞ本校の方へお問い合わせください。MUSASHINO FCの一員になりませんか。

【高校総体東部支部予選最終結果】
    https://www.sfa2.jp/wp-content/uploads/2019/05/ac6e683ab20573ec23804f1479f9524b-2.pdf
【高校総体西部支部予選最終結果】
    https://www.sfa2.jp/wp-content/uploads/2019/05/e27553e1ed7cfd6ff19eb6e8a10259ce.pdf
高校総体南部支部予選最終結果
    https://www.sfa2.jp/wp-content/uploads/2019/05/6182b57490d73ba5b44532b6b78321d2-5.pdf
【高校総体北部支部予選最終結果】
    https://www.sfa2.jp/wp-content/uploads/2019/05/b50cbec1e7635f79a5e183ac5a1a811d-1.pdf

【今後の試合予定】
   5月11日(土)授業公開
   5月12日(日)さいたま市北部大会 vs岩槻高校B(本校G)10:00
   5月26日(日)U18SS3Aリーグ③ vs大宮光陵高校(本校G)10:00

サッカー部 MUSANISTA #4 『総体予選①』

 年号が「平成」から「令和」に変わった5月1日(水)平成31年度高校総体南部支部予選一回戦が大宮光陵高校Gにて行われました。対戦相手は、大宮高校でした。結果は、3(1-1)(2-1)2で勝利し、続く5月3日の二回戦へと進出しました!
 当日は、前日から降り続いた雨もやみ、時折晴れ間が差し込む程の天気に変わりましたが、それでもグラウンドはぬかるんだ状態で多くの選手が取替式のスパイクを履いて試合に臨んでいました。試合自体は、全体を通してよく頑張れたと思います。細かな点では修正点がありますが、よく声を掛け合い、苦しい状況になっても今の力を最大限に発揮する事に専念できたと思います。3得点はどれも印象的なものでした。3年MF齋藤航太の豪快なミドルシュート、3年SB鈴木柊也のボールを奪った勢いのまま果敢な攻撃参加からの鮮やかなゴール、3年FW中島瑛紀の執念と嗅覚のストライカーらしいゴール。スコアの動きを見ても0-1→1-1→1-2→2-2→3-2と常に先行されて来た状況から後半41分に逆転という劇的な幕切れでした。終了直前に最大のピンチもクロスバーに救われるという「運」にも助けられましたが、最後まで目が離せない好試合だったと思います。
 初戦という事もあり、緊張で普段通りの力を最後まで発揮できないまま試合が終わってしまった選手もいましたが、これを自信に変えて、2日後に控えている川口市立高校戦で思い切りプレーしてもらいたいと思います。
 最後になりますが、この日も多くの方が会場校まで応援に来て下さいました。保護者の皆さん、学校関係者の皆さん、彼らがお世話になった指導者の皆さん、ありがとうございました。お陰様で一回戦を勝利する事ができました。次も厳しい試合になると思いますが、どうぞ温かいご声援を宜しくお願い致します。

【総体南部支部予選】二回戦
        5月3日(金)
           対戦相手:川口市立高校(ブロックシード校)
           会   場:川口青陵高校G
           時   間:12:00キックオフ

【初戦突破を記念してのチーム写真】

                                           …ヘトヘト感が半端ないです(笑)