【男子バスケットボール部】活動報告 / 大会結果報告

8月19日(水)、3年生最後の大会を迎えました。相手は南部の強豪、大宮東高校。厳しい戦いは必至の中、どこまでやり切れるかが勝負所でした。

本校のスターティングメンバーは#4神田(3年)・#5田中(2年)・#6関口(2年)・#7藤本(2年)・#13五十嵐(1年)

サイズやスピード、パワー、どれをとっても格上の相手ながら、第1ピリオドは一生懸命に立ち向かいました。#5田中、#6関口の調子もよく、外角のシュートがよく決まりました。また1年生の#13五十嵐が大宮東のインサイド陣相手によくリバウンドやDF面で立ち向かいました。第1ピリオド終了時点で20 - 155点ビハインド。誰も予想しなかった結果になっていました。

しかし第2ピリオド以降は大宮東も本領発揮。強いプレッシャーのDFからインターセプト、ターンオーバーの連続で一気に得点を重ねられ、それと同時に本校はなかなかシュートまでいけず…。第2ピリオド、第3ピリオドは6点、7点と少ない得点に終わってしまいました。それでも選手たちは最後まで戦い続け、立派な雄姿をベンチに見せてくれたと思います。

終わってみれば98 - 39と大差でのゲーム終了となりましたが、確かに「やれるプレイもある」という実感が残ったように思います。そして3年生の#4神田が最後までフロア上で声をかけ続け、立派に戦い抜いてくれました。彼の立ち向かう姿は、多くの後輩たちに勇気を与えてくれたと思います。3年生の選手が1人という苦しい状況の中、最後までチームを引っ張ってくれて本当にありがとう

そして神田だけでなく、3年生マネージャーの棚橋、古宇田も本当にこれまで献身的にチームを支えてくれてありがとう。彼女らがいなければ絶対に今のチームはなかったと思います。時に厳しく、時に優しく、顧問以上に選手のそばで彼らを支え続けてくれたマネージャーには、本当に頭が上がりません。

3年生の3人、本当にここまでご苦労様でした。これからの新しいステージでの活躍、本当に期待しています!

 

そして昨日ミーティングを行い、早速今日から新チームでの練習が始まっています。3年生とも相談し、新キャプテン・副キャプテンを決めました。新キャプテンは関口(2年、馬宮中)、副キャプテンは田中(2年、尾間木中)です。2人とも非常にやる気に満ち溢れていて、頼もしい限りです。これからの武蔵野を頼むぞ!

まだ学校総合体育大会南部支部予選(インターハイ代替大会)は進行中ですが、本校はいち早く新体制のスタートとなりました。新チームのデビュー戦は11月の新人戦。1つでも多く勝ち上がれるよう、努力し続けよう!

 

これからも引き続き、応援の程宜しくお願い致します。

顧問