【卓球部】新入部員歓迎試合

掲載が遅れてしまい、申し訳ありません。

今年度、卓球部は7名の新入部員を迎えました。男子5名(うち初心者2名)、女子2名(ともに初心者)が入部したことで、総勢13名の部活動へと成長しました。

4月30日(金)新入部員歓迎のための試合を行いました。経験者も初心者も混ざっての試合のため、経験者にはハンデ(初心者との試合では、手のひらサイズの大きさの「ミニラケット」を使う)をつけました。そのため様々な珍プレーも生まれ、中には、初心者が経験者に勝つということも起こり、ワイワイ楽しく試合をしていました。

試合の様子を少し紹介します。

   

(左から2枚目の写真で、手前の生徒が右手に持っているのが「ミニラケット」です。)

試合は、予選・順位トーナメントの形式で行いましたが、1位トーナメントの優勝は2年生の経験者でした。

経験者は「ミニラケット」を使うことで感覚が狂うと言っていましたが、このハンデをつけた狙いはそこです。

ラケット競技の卓球において、ラケットコントロールや打球感覚はとても大切です。「ミニラケット」はスイートスポットが小さい分、繊細な扱いが求められます。普段のラケットとは違っても、繊細な扱いをするという意識が少しでも生まれればよいと思います。また、力を入れてラケットを握ってしまうと、コントロールが難しくなります。「ミニラケット」は小さい分強く握れないので、やさしく握ってスイングするという感覚が身につくはずです。

こういった感覚練習もときに練習に取り入れつつ、技術向上も目指していきたいと思います。