サッカー部 MUSANISTA #120 『 30日間 』

 FC MUSASHINOは、この部活中止期間を過ごすにあたって「自主練習」と位置付けました。少しでも何か自分自身でできる事をやって30日を過ごした場合と、何もせずにただ30日間過ごした場合とでは2月7日以降がまったく違ったものになるだろうという話をしました。たかが1日60分だけでも週に6日として約4週間=1,440分。普段の練習が2時間(120分)だとしたら12日分。少し頑張って1日90分のトレーニングをし続けられたら=2,160分、つまりは18日分のトレーニング時間を過ごせたことになるわけです。これがもしも、毎日120分のトレーニングを週6日、30日間続けられたなら…24日分にもなります。逆に考えれば、それだけの時間を無駄に過ごしてしまうことにもなるわけです。そこで、私たちは昨日から毎日「Self Training Note」を書くことを始めました。目的は、①コンディショニングの維持②トレーニング状況の把握③生活習慣の見直しです。予めその日の自主練習内容を自分で考え、実際に実施したトレーニング内容を記録して週の最後に1週間を振り返るという日誌です。早速、今日の放課後からそれぞれのノートを見せてもらいましたが、ある部員の昨日のトレーニングは10kmのランニングと筋トレ(腕立て伏せ/腹筋/背筋/スクワット)、ストレッチというメニューでした。中にはスマホアプリを利用して実際の走行距離や走行ルートを地図上に記録させられるようなものをやっていた部員もいました。大切なことは、継続すること。運動負荷を適切にかけること。コロナウイルス感染対策を忘れないことです。およそ30日間の、もしかしたらもっと長い道のりかも知れませんが…部活が再開される”その時”を信じて頑張り続けて欲しいと思います。

これは絶対に俺がやらなきゃ駄目なんだ

最も重要なのは体の中心…足腰である 強靭な足腰で体を安定させることは正確な攻撃と崩れぬ防御へと繋がる